温泉による加齢臭対策の効果

体臭を消して予防するニオイケア対策別ランキング

温泉に入るのは加齢臭対策になるのか

加齢臭対策のひとつにお風呂に入ることがあります。

お風呂に入ることが加齢臭対策になる理由として、加齢臭のニオイ成分であるノネナールを洗い流すことができるからです。

また、ニオイが起きる原因となる皮脂や汗の汚れを落とすことで清潔を保ち、加齢臭などの体臭が起きないようにします。

それなら普通にお風呂に入ればいいのかと言うと、温泉に入るのは普通にお風呂に入るよりも加齢臭対策のためには効果的だと言う情報があります。

なぜ温泉に入る方が加齢臭対策になるのか見ていきましょう。

温泉が加齢臭対策になる理由

温泉と言うと、それぞれの地域によって泉質が異なり、効果・効能も違ってきます。

腐った卵のような臭いがして茶色っぽい色をしているところもあれば、白っぽい色をしているところもあります。

それぞれ温泉に含まれている成分の違いによって分かれてきますが、汗をさっぱりと洗い流してくれるのに最適な泉質というものがあります。

それが、炭酸水素塩泉(重曹泉)とアルカリ性単純温泉の弱アルカリ性の泉質です。

弱アルカリ性がいい理由と言うのは、皮膚表面についたタンパク質をほどよく溶かしてくれます。

皮膚についた汚れが一緒に溶けて流れるため体臭が発生する原因を取り除くことができます。

また、新陳代謝が起きて皮膚表面がさらさらになります。

新陳代謝がよくなると汗をかきやすくなり、余計なミネラルを含んだ汗が出にくくなるため、体臭が抑えられるというわけです。

雑菌も一緒に洗い流れてくれるので、ニオイが発生しにくくなりますね。

特に夏の暑いときが加齢臭対策におすすめです。

ジトジトと汗ばみやすい時期なので、サッパリと汗を流すことができる温泉は爽やかな汗をかきやすくしてくれます。

冬も身体を芯から温めることができるので、血液の循環を良くして代謝を上げる効果によって体臭対策になります。

温泉に入るときの注意点

加齢臭対策にもなって気持ちのいい温泉ですが、入るときには注意が必要です。

しっかりと水分補給をしてから入らないと脱水症状になってしまう恐れがあります。

また、長風呂をする時には入浴前にお菓子をちょっと食べることで血糖値を上げておくといいでしょう。

血圧が低いと立ちくらみを起こしやすいし、体力が落ちている時の長風呂は身体を疲れさせてしまうので、サッと身体を洗ってちょっとだけ温もったらすぐに出るようにしましょう。

浴室内は温泉の成分によって滑りやすくなっていることもあるので、転倒しないように注意する必要もあります。

管理人は温泉が好きなのでよく温泉巡りをしますが、美容効果や体臭予防などの効果もある上、リラックスできるのでとてもいいと思っています。

たまには温泉に浸かりに行くことで普段のストレスから解放されて、加齢臭の悩みからも放たれてみませんか。

 

この記事に関連する記事一覧

サプリメントランキング

1位臭ピタッ!
フィトンチッドで体内浄化!
2位メンズデオ7200
4つの消臭成分でケア!
3位パクチーエナジーG
抗酸化作用で若さを保つ!

人気ページランキング

1位体臭の種類
まずは体臭について知ろう!
2位体臭別サプリ
サプリメントを選ぶなら!
3位ワキガ予防サプリ
ワキガが気になる人に!
体臭予防ケア用品一覧
体臭予防に関する情報
カテゴリー
体臭対策の豆知識
サイト情報
サイト内検索