体臭予防の対策別おすすめランキング

体臭を消して予防するニオイケア対策別ランキング

男性もワキガを気にしてデオドラントクリームで対策を

ワキガを気にしている人と言うのは男性よりも女性の方が多いように感じます。

そもそも女性の方がニオイに対して敏感ですから、女性はなんとか対策しようとするんでしょう。

男性の場合は、子どもの時に周りからいじめの対象として指摘されない限りは、多少はクサいなと感じていたとしても汗臭いニオイと混同して制汗剤を使って終わるケースが多いように思います。

現に自分がワキガだと自覚していない人もいますからね。

それに、子どもはクサかったら正直に言いますが、大人になったら気を使ってなかなか相手に言えませんからね。

とはいえ、なんでも正直に言えばいいのかと言うとそうではなく、子どもが放つ何気ない言葉によって心に傷を負ってしまうこともあるようです。

そのため、子どものワキガに対しては、親が敏感に対応してあげる必要があります。

男性も気にしすぎはよくないけど、少しは敏感になって対策をしていきましょう。

男性のワキガ対策もデオドラントクリームを利用すべし

ワキガ対策と言えば、根本的に治療するのであれば手術になります。

しかし、男性の場合はそこまで深刻に受け止める人も少ないように思います。

と言うのも、ワキガを手術して治療したところで、中年になったら「加齢臭がする」と言われてまたニオイ対策をしないといけなくなるからです。

そのため、ニオイケアはエチケットとして必要なことですが、そこまで思い悩む必要もないと思います。

むしろ考えすぎると自臭病になって、精神的な問題が起きてきて、ニオイに対する恐怖心が芽生えてきますからね。

男性もニオイ対策をするのであれば、きちんとケアできるデオドラントクリームを使うのがいいでしょう。

制汗剤と言うのはあくまでも汗を抑える働きがあるので、ワキガのようにすでにニオイを発している場合は消臭効果のあるものを使っていく必要があります。

それに、ワキガがひどくならないように殺菌作用のあるものを含んだ方がいいでしょう。

女性と違って腋毛をそることもないでしょうから、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいのでなおさら殺菌作用は必要だと思います。

デオドラントクリームについては男性用も女性用も中身は変わらないと思います。

広告主からしたら、女性の方が気にして購入する人が多いので、女性向けに商品をアピールしていますが、別に男性が使っても問題ないので、どういった成分が含まれていてどのような効果があるのを選ぶ時のポイントにしたらいいかもしれませんね。

ちなみに、当サイトでもデオドラントクリームについて管理人の独自調査に基づいてランキングをつけています。

あくまでも、管理人の主観ですので、目安として参考にする程度で一度全商品を確認してから選んでもいいと思います。

エチケットケアとして、ワキガのニオイがきつくならないように対策していきましょう。

⇒ 当サイトで紹介しているデオドラントクリームのランキング

ワキガの治療を手術でするメリットとデメリット

ワキガ対策として一番最初に取り組むのが制汗剤を使うことかもしれませんが、ニオイがきつい時には手術を考えることもあります。

ワキガと言うのは遺伝による影響が大きいので、根本的に治療するためには手術が一番手っ取り早いと言うことです。

しかし、手術によってワキガが改善する人もいれば、全く改善しない人もいるので、ワキガの手術を受ける前にしっかりと知識をつけておく必要があります。

ここでは、ワキガ手術のメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

ワキガ手術のメリット

手術のメリットは、ワキガがなくなるということに尽きるでしょう。

以前に整形外科の先生に、ある人が聞いていました。

「膝の手術をしたらよくなるんですかねぇ。」と。

すると整形外科の先生は、「良くならなかったら手術はしませんよ。膝の痛みをとって生活しやすくするために手術をするんです。」と答えていました。

このことからも分かるように、手術をしたらワキガが改善すると言うことが一つ挙げられるでしょう。

ただし、ワキガが改善すると言っても完全に無臭になるわけではないので要注意です。

脇自体が構造的に蒸れやすい場所なので、一般的な汗のニオイ自体はどうしても残ってしまいます。

それは普通のことなので、ワキガの強烈なニオイが治まれば、手術はほとんど成功したものと思った方がいいですね。

このように、ワキガを手術することでニオイが治まると言うことが期待できます。

しかし、そのメリットに対するデメリットもあります。

ワキガ手術のデメリット

手術のデメリットは、お金がかかることと完全に良くなる保証はないということです。

手術費用に関しては手術方式によって若干異なってきますが、だいたい15万円~50万円の間に収まるようです。

手術によっては保険の適応になるので、支払うお金は安くなるかもしれませんがやはり高いなと言うのが印象ですね。

あとは完全に良くなる保証はないというのがデメリットとして挙げられます。

せっかく高いお金を払って手術をしたのにまだニオイが残っているということもあります。

ひどい場合には、手術をしたことによって余計にニオイがきつくなることもあるんですね。

その他のデメリットは手術をすることによってができます。

手術を検討している人に無理に不安をあおることはしたくないんですが、手術が失敗すると傷跡が残って見た目に影響してくる他、痛みが残ることもあり得ます。

だからこそ手術を受ける前には、お医者さんに相談して効果とリスクをしっかりと天秤にかけてから手術に踏み切るようにしましょう。

一度手術をして身体に傷を作ってしまってからではもとに戻すことができませんからね。

管理人的には、いきなりワキガの手術に踏み切るよりも、デオドラントクリームなどを試してみてからでも遅くないんじゃないかと思うので、あまり焦らないようにいろいろと最良の方法をいろいろと調べてみてください。

ワキガ対策でスメルハラスメントにならない手術以外の方法

ワキガの人と言うのは、自分の臭いにすごく悩んでいると思います。

特に、社会に出るとスメルハラスメントという言葉があるように、周りからの冷たい視線を浴びたり、人から避けられたりしてイヤな思いをすることもあるでしょう。

そのため、外出するのが億劫になったり人を避けたりするようになるかもしれません。

外に出ればたくさんの人に出会うし、買い物に行ったエレベーターの中や、電車の中のような密室でニオイがばれるのがイヤですよね。

自分で分かっているだけに、すごく恥ずかしいと思います。

だからこそ、できることならワキガを克服していきたいですよね。

ワキガ対策に必要なデオドラントクリーム

スメルハラスメントにならないために、ワキガ対策として手術を考える人までいると思います。

手術をするというのは身体にメスを入れるわけですから、相当な決断がないとできません。

本当に悩んでいる人たら、藁にもすがる気持ちで頼りたくなりますよね。

でも、最初から手術に踏み切ることはおすすめできません。

あくまでも手術は最終手段なんです。

その前に悩みを解決するための方法を実践していきましょう。

管理人もいろいろ調べましたが、汗がでるのを抑えるためにボトックス注射というものがあるようです。

これはボツリヌス菌という毒素を少量身体に注射することで、汗腺の働きを麻痺させることで汗の分泌を抑えると言う方法です。

しかし、あくまでもニオイの原因を取り除いているわけではないので、再び汗が出てきます。

こう考えると、根本的に汗腺自体を取ったらいいじゃないかと思うかもしれません。

「やっぱり手術しかないのか・・・」と。

でも、そんなことはなくて、最近では手術よりもコストが安く、身体に対する負担がほとんどない方法があります。

それがデオドラントクリームの利用です。

スメルハラスメント対策にデオドラントクリームを

あくまでも、何のためにワキガをなくしたいかというと、周りの目をきにすることなく外出したり生活することですよね。

汗をかかなくすることが目的ではないはずです。

管理人も目が悪くて眼鏡をかけていますが、レーシック(近視を矯正する手術)をしたいと思っています。

なぜならば、眼鏡をつけた生活がうっとうしくて朝目が覚めたときに、パッチリ見えるようになりたいし、お風呂に入るときでも眼鏡なしで入りたいからです。

でも、眼鏡やコンタクトレンズをつければ一応見えます。

レーシックの話を聞くと、失敗してチカチカする、といった話や目が激痛で生活するのが大変だ、という意見も聞きます。

ワキガの手術も同じことが言えると思います。

失敗すると余計にクサくなってしまう。。

でも、手術をしなくてもデオドラントクリームを使えばワキガを抑えられるので、普通に周りを気にすることなく生活できると思います。

あくまでも、眼鏡やコンタクトレンズみたいなものですね。

毎朝ちょっとつける時間は必要ですが、そんなに長い時間必要ないですし、慣れたら習慣になると思います。

ワキガでスメルハラスメントにならないためにも、デオドラントクリームで対策をしてはどうでしょうか。

ワキガは遺伝の影響も!体臭消すために手術が必要?

夏場になって服装が薄着になってくると気になるのが汗の臭いですよね。

特にワキからは腋臭(ワキガ)という臭いニオイが起こってきます。

自分がワキガだったと考えると、エレベーターや電車の中、会議室などで他の人と一緒になるのはすごく気が重たいと思うわけです。

ひどい場合になると、ワキガが原因でいじめにあって登校拒否や通勤拒否が起こったり、うつ病などの精神的に追い込まれた状態になったりします。

そうなる前に早めにケアをすることが大切です。

そこでワキガを早めに気づいてケアしていくためにも、遺伝の影響を調べてみたので紹介したいと思います。

ワキガの遺伝率

遺伝子ワキガというのは遺伝の影響が強いです。

ワキガの8割くらいが遺伝によって起こっていると言われています。。

お父さんやお母さんがワキガをもっていたらワキガの可能性が高く、両親ともにワキガだった場合はほぼ子供もワキガになるようです。

ワキガが起こってくるのは思春期の時期で、小学校5、6年から中学生くらいからが要注意ですね。

小学校や中学校の子供はワキガということが分からないと思うので、自分がワキガということがよく分からないかもしれません。

ワキガになっている人の割合を考えると、だいたい10人に1人くらいの割合になってくるので、学校の一クラス40人だとしたら、その中の4人はワキガの可能性があるってことになりますね。

管理人も今思い起こせば、なんとなくクサい友達っていましたからね。

子どもだとストレートに物事を発言しちゃうので、臭いということでいじめに発展する場合もあります。

いじめを防ぐためにも遺伝の影響を考えて親が早めに気づいてあげることが、子どものニオイケアとして一番大切なことだと思います。

洗濯のときに子供の服がクサくなっていないかを見てみると分かるかもしれませんね。

早めにケアをしてあげないと将来に影響を及ぼしかねないので、遺伝の問題を考慮して自分のことや子供のことを見てあげるといいかもしれません。

ワキガを治すためには

手術風景ワキガを根本的に治すためには手術しかないようです。

手術は、ワキガの原因になるアポクリン腺を取り除くようです。

アポクリン腺を取り除けばニオイの原因がなくなるわけですからワキガが起こりようがありませんからね。

ただ、手術にもリスクがあって、1回や2回の手術でアポクリン腺を取り切ることができないことがあることと、手術による傷ができるということが挙げられます。

また、手術をしたとしてもニオイが再発したり、ワキのアポクリン腺が取り除かれた影響で別の部分から出てくる汗の量が増えてワキ以外の部位がクサくなってくるという可能性もあるんですね。

そういうリスクがつきまとうので、手術をするかどうかは慎重に判断した方がいいと思います。

とはいえずっとワキガでいることもつらいと思うので、まずは食生活を見直していきましょう。

現代の食生活は、食事の欧米化でファストフードが流行ってきたり、肉中心の食べ物が多くなってきています。

特に子供の大好きなマクドナルドはどこの町に行っても必ずと言っていいほど見かけますからね。

小さい時からファストフードばかりを食べるような生活をしていたら、すぐに身体が老化を起こし、体臭がきつくなってきます。

そうならないためにも栄養バランスを考えて新鮮な野菜や果物を摂るようにしていきましょう。

サプリメントもオススメですね。

当サイトではワキガ対策グッズにラポマイン(Lapomine)というデオドラントクリームを紹介しています。

サプリメントも付属しているので管理人的にはオススメの商品です。

「手術はせずにどうにかしたい」と思っているのであれば、一度お試しすることをオススメします。

ラポマイン(Lapomine)に対する管理人のレビューを書いているのでぜひ読んでみてください。
ラポマイン(Lapomine)のレビュー>>

ラポマインでワキガが落ち着いた女友達の話

女の人ってニオイについてすごく気にしますよね。

管理人は特にクサくなければ問題ない感じで過ごしていますが、実際に知り合いでワキガに悩んでいる人がいたんですが、その人はあまり社交的な場所に行こうとしなかったですね。

誘っても断ることが多かったんです。

それが、最近フットワークが軽くなって、ちょっとずつみんなの輪の中に入りだしてきたんです。

どうしてそんなに変わったのかそれとなく聞いてみると、実は悩みの原因だったワキガで悩むことがなくなってきたからということでした。。

手術をしようか考えていたほどワキガに悩んでいた人でしたが、ラポマイン(Lapomine)を使い始めてニオイが気にならなくなってきたみたいなんです。

そのおかげで人と会うことに対する抵抗感が減ったんでしょうね。

このように腋臭(ワキガ)に悩んでいる人が多いので、管理人の女友達の話を参考にしてもらえたらと思います。

ワキガに悩んでいた女友達の話

女友達悩む管理人が大学時代のときに同じクラスだった女性ですが、内向的な性格であまり自分から人に話しかけるような人ではありませんでした。

クラスのメンバーで飲み会をするときも参加しないような人で、あまり素性が分からなかったんですね。

それが、ここ2年くらい前から同窓会をするのに声をかけたときの反応が良くなって、出席するようになったんです。

それから話をする機会が増えていったんですが、ふとしたときに、
管理人「大学時代にはなんであんまり飲み会に来なかったの?」
と聞くと、
女友達「実は・・・」
と恥ずかしそうな感じで理由を話してくれました。

女友達「両親もワキガで、自分も小さい時からニオイについて言われていたので、またそれを言われること考えたらイヤな気分になるので、あまりみんなとかかわらないようにしようと思ったからなんだよ」
ということでした。

管理人としてはどうして今は参加することが多くなったのかまでは分からなかったので、聞いてみると、
女友達「デオドラントクリームを使い始めてニオイが減ってきたから」
ということでした。

会話の内容自体は全くその通りではないですが、だいたいこんな内容だったと思います。

で、その女友達が使っているデオドラントクリームと言うのが「ラポマイン(Lapomine)」なんですね。

ネットで情報を調べたときにラポマイン(Lapomine)を見つけて、試しに使ってみたのが良かったみたいです。

当サイトは体臭予防サプリメントを主に紹介していますが、そんな話を聞くとラポマイン(Lapomine)を紹介しないわけにはいきません。

10日分のサプリメントが特典としてついてきますからね。

ただ個人差があるのでみんなが同じようにうまくいくとは限りませんが、返金保証制度があるので試した方がいいと思います。

ラポマイン(Lapomine)のレビュー>>

陰部が気になる?「すそワキガ」をセルフチェック

ワキガの中には陰部から起こってくる「すそワキガ」があります。

ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺から分泌される汗が原因で起こってくるんですが、腋臭のように脇が臭うのは自分でも気づきやすいですが、「すそワキガ」で陰部が臭ってくるのは自分ではなかなか受け入れにくいですよね。

自分でもニオイが気になっているけど認めたくない・・・っていう気持ちはよく分かります。

でも、自分のことを知ることから対策が始まるので、勇気を出して自分が「すそワキガ」かどうかをセルフチェックしてみましょう。

すそワキガのセルフチェック方法

自分がすそワキガかどうかを確認するためにセルフチェックの方法をピックアップしてみました。

下着に黄色い汗染みがつく
アポクリン腺からでてくる汗は少し黄色く濁っているのが特徴です。

腋臭の人も衣服の脇の部分が黄ばむことで腋臭かもしれないと判断する材料となるので、下着もチェックしてみましょう。

脇や陰部はアポクリン腺が多く分布しており、誰にでもあるものですが、衣服や下着に汗染みができるほど黄ばんでいるということは汗をかきやすい体質と言えるかもしれませんね。

特に多汗症の人と言うのはワキガ体質かもしれないので注意が必要です。

恋人や配偶者に陰部が臭うと言われた
陰部のニオイが分かる間柄と言うのは、恋人や配偶者くらいではないでしょうか。

夜の営みの時にニオイについて指摘されたらすそワキガを疑ってみましょう。

なかなか自分では確認することができないので、指摘されたら素直に受け入れて対策をするようにしましょう。

ただし、女性であれば整理やおりものの影響もあるので、自分で下着をにおってみてもいいかもしれませんね。

自分でもひどいニオイと感じる場合には婦人科系の受診をした方がいいかもしれません。

すごくデリケートな問題なので勇気のいることですが、夜の営みは夫婦仲を円滑にする秘訣ですのでできる対策はしておいた方がいいと思います。

耳垢が湿っている
実は耳の中もアポクリン腺が多く分布している場所なんです。

アポクリン腺から汗が異常に分泌されると「軟耳垢」と呼ばれる耳の中が湿った状態になります。

このことからアポクリン腺から汗をかきやすいということが分かるので、すそワキガになる確率も高いと言えます。

軟耳垢の人の80%が腋臭であるという報告もあるので、耳の中の湿り気を指標にして対策をたてていきましょう。

身内にワキガの人がいる
実はワキガというのは優性遺伝する傾向があるようです。

アポクリン腺の数も人によって異っており遺伝による影響があるので、身内にアポクリン腺の数が多いということはその子供もアポクリン腺の数が多くなるということになります。

するとワキガになる確率が高くなるんですね。

ある統計によると両親がワキガの場合に子どもがワキガになる確率は75%以上で、片親がワキガの場合でも50%以上の確率で遺伝するようです。

両親の状態を確認することで自分の状態を予測して対策をたてていきましょう。

乳首からもニオイがする
陰部だけでなく乳首もアポクリン腺が多く分布している場所です。

アポクリン腺の数は遺伝するので、乳首からワキガのような臭いがにおうのであればすそワキガの確率も高いので、確認してみましょう。

陰部の毛が濃い
陰毛が濃いというのはアポクリン腺が多い可能性が高いようです。

そのため、すそワキガが起きる可能性も高くなるわけですね。


以上が自分でもできる「すそワキガ」のセルフチェック項目ですが、あくまでも自己判断なので正しく調べる場合には専門の医者に診てもらうことをオススメします。

すごくデリケートな問題だからといって、一人で悩まずに婦人科の専門医を活用して相談するようにしてくださいね。

ワキガでも陰部が臭う「すそワキガ」にはご用心

腋臭(ワキガ)と聞くと脇からニオイが発生することを主に想像しますが、実は陰部から体臭が発生することを「すそワキガ」というみたいです。

特に女性の陰部に多いみたいですね。

男である管理人にとってはあまりよく分からない領域になるので、あくまでも調べた情報を紹介していきたいと思います。

すそワキガの原因と対策

管理人が仕事をしている中で陰部からニオイを感じるときの特徴としては、尿臭と便臭がほとんどです。

というのも、オムツの中でおしっこやうんこをした後のオムツ交換をすることがあるからなんですね。

おしっこやうんこのニオイと言うのはすぐに分かるんですが、それ以外の陰部のニオイとしてすそワキガというものがあるようなんです。

名前に『ワキガ』とつくことから、腋臭(ワキガ)と何かしらのつながりがあると考えられますよね。

実はその通りなんですよ。

腋臭(ワキガ)の原因はアポクリン腺から出てくる汗が原因と言うことを述べましたが、アポクリン腺が多く存在する場所として、脇や陰部が挙げられているんですね。

だからすそワキガもアポクリン腺から汗が分泌されて、それが細菌によって分解されることでニオイ成分が生じてきます。

アポクリン腺は他にも乳輪や耳の中、へそのあたりにも多く存在していて、それぞれの場所でわきがというものが発生するようですね。

すそワキガの対処方法なんですが、陰部を清潔に保つということが一番大切になります。

清潔というのは、何事にも通じる基本的な部分なんですが、だれでも心がけ次第でできる反面、継続することは難しいんです。

陰部をキレイに洗う時のコツとしては、石鹸をたっぷりと泡立ててから優しく泡で洗うといいそうですね。

洗顔するときのイメージでいいと思います。

また、キレイに洗おうと思って洗浄力が強い洗剤を選ぶのはよくないですね。

この部分も洗顔と一緒です。

身体に必要な皮脂を取り除いたら肌がボロボロになるので要注意ですね。

基本的な腋臭(ワキガ)というのは清潔にすることが重要な対策となるので、身体は常に清潔を保てるようにしておきましょう。

サプリメントランキング

1位臭ピタッ!
フィトンチッドで体内浄化!
2位メンズデオ7200
4つの消臭成分でケア!
3位パクチーエナジーG
抗酸化作用で若さを保つ!

人気ページランキング

1位体臭の種類
まずは体臭について知ろう!
2位体臭別サプリ
サプリメントを選ぶなら!
3位ワキガ予防サプリ
ワキガが気になる人に!
体臭予防ケア用品一覧
体臭予防に関する情報
カテゴリー
体臭対策の豆知識
サイト情報
サイト内検索