ワキガは遺伝の影響!治す方法とは

体臭を消して予防するニオイケア対策別ランキング

ワキガは遺伝の影響も!体臭消すために手術が必要?

夏場になって服装が薄着になってくると気になるのが汗の臭いですよね。

特にワキからは腋臭(ワキガ)という臭いニオイが起こってきます。

自分がワキガだったと考えると、エレベーターや電車の中、会議室などで他の人と一緒になるのはすごく気が重たいと思うわけです。

ひどい場合になると、ワキガが原因でいじめにあって登校拒否や通勤拒否が起こったり、うつ病などの精神的に追い込まれた状態になったりします。

そうなる前に早めにケアをすることが大切です。

そこでワキガを早めに気づいてケアしていくためにも、遺伝の影響を調べてみたので紹介したいと思います。

ワキガの遺伝率

遺伝子ワキガというのは遺伝の影響が強いです。

ワキガの8割くらいが遺伝によって起こっていると言われています。。

お父さんやお母さんがワキガをもっていたらワキガの可能性が高く、両親ともにワキガだった場合はほぼ子供もワキガになるようです。

ワキガが起こってくるのは思春期の時期で、小学校5、6年から中学生くらいからが要注意ですね。

小学校や中学校の子供はワキガということが分からないと思うので、自分がワキガということがよく分からないかもしれません。

ワキガになっている人の割合を考えると、だいたい10人に1人くらいの割合になってくるので、学校の一クラス40人だとしたら、その中の4人はワキガの可能性があるってことになりますね。

管理人も今思い起こせば、なんとなくクサい友達っていましたからね。

子どもだとストレートに物事を発言しちゃうので、臭いということでいじめに発展する場合もあります。

いじめを防ぐためにも遺伝の影響を考えて親が早めに気づいてあげることが、子どものニオイケアとして一番大切なことだと思います。

洗濯のときに子供の服がクサくなっていないかを見てみると分かるかもしれませんね。

早めにケアをしてあげないと将来に影響を及ぼしかねないので、遺伝の問題を考慮して自分のことや子供のことを見てあげるといいかもしれません。

ワキガを治すためには

手術風景ワキガを根本的に治すためには手術しかないようです。

手術は、ワキガの原因になるアポクリン腺を取り除くようです。

アポクリン腺を取り除けばニオイの原因がなくなるわけですからワキガが起こりようがありませんからね。

ただ、手術にもリスクがあって、1回や2回の手術でアポクリン腺を取り切ることができないことがあることと、手術による傷ができるということが挙げられます。

また、手術をしたとしてもニオイが再発したり、ワキのアポクリン腺が取り除かれた影響で別の部分から出てくる汗の量が増えてワキ以外の部位がクサくなってくるという可能性もあるんですね。

そういうリスクがつきまとうので、手術をするかどうかは慎重に判断した方がいいと思います。

とはいえずっとワキガでいることもつらいと思うので、まずは食生活を見直していきましょう。

現代の食生活は、食事の欧米化でファストフードが流行ってきたり、肉中心の食べ物が多くなってきています。

特に子供の大好きなマクドナルドはどこの町に行っても必ずと言っていいほど見かけますからね。

小さい時からファストフードばかりを食べるような生活をしていたら、すぐに身体が老化を起こし、体臭がきつくなってきます。

そうならないためにも栄養バランスを考えて新鮮な野菜や果物を摂るようにしていきましょう。

サプリメントもオススメですね。

当サイトではワキガ対策グッズにラポマイン(Lapomine)というデオドラントクリームを紹介しています。

サプリメントも付属しているので管理人的にはオススメの商品です。

「手術はせずにどうにかしたい」と思っているのであれば、一度お試しすることをオススメします。

ラポマイン(Lapomine)に対する管理人のレビューを書いているのでぜひ読んでみてください。
ラポマイン(Lapomine)のレビュー>>

 

この記事に関連する記事一覧

サプリメントランキング

1位臭ピタッ!
フィトンチッドで体内浄化!
2位メンズデオ7200
4つの消臭成分でケア!
3位パクチーエナジーG
抗酸化作用で若さを保つ!

人気ページランキング

1位体臭の種類
まずは体臭について知ろう!
2位体臭別サプリ
サプリメントを選ぶなら!
3位ワキガ予防サプリ
ワキガが気になる人に!
体臭予防ケア用品一覧
体臭予防に関する情報
カテゴリー
体臭対策の豆知識
サイト情報
サイト内検索